赤ちゃんの頭皮の乾燥を防ぐ保湿ケアって?予防策を紹介

赤ちゃんの頭皮が乾燥してカサカサしている、炎症を起こしているといったトラブルはありませんか? 頭がかゆいと赤ちゃんがぐずるため、どう対処したら良いのかと悩んでしまうお父さんやお母さん もいるのではないでしょうか。 そこで今回は、赤ちゃんの頭皮が乾燥する原因について解説します。また、頭皮のトラブルを防ぐために気を付けたいことや、赤ちゃんにやってあげると良い頭皮の保湿ケアも紹介するので、参考にしてみてください。


この記事は約6分で読み終わります。

赤ちゃんの頭皮が乾燥する原因

まず、知っておきたいのが赤ちゃんの頭皮が乾燥する原因です。赤ちゃんの肌はうるおってスベスベしているイメージがあるのに、頭皮がカサカサしていると気になりますよね。

赤ちゃんの頭皮は、なぜ乾燥するのでしょうか。

皮膚のバリア機能が未熟

赤ちゃんは皮膚のバリア機能が未熟なため、大人よりも肌が乾燥しやすい傾向にあります。

人の肌表面には、皮膚のバリア機能が備わっていて、紫外線、花粉、化学物質などの外的刺激から体を守っています。

また、皮膚のバリア機能には肌を乾燥から守る役割もあります。バリア機能が十分に働くことで、肌のうるおいが外に逃げず、乾燥しないのです。

しかし、赤ちゃんの皮膚のバリア機能は未熟なため、肌のうるおいが逃げやすく、乾燥しやすい状態にあります。

また、赤ちゃんの肌は生後3~4ヶ月頃から皮脂の分泌量が低下する傾向にあります。生まれたての赤ちゃんは皮脂を自然と分泌していたため、いわば肌が守られていた状態にありました。

しかし、その後の皮脂の分泌量の低下に伴って赤ちゃんの肌は乾燥しやすくなるため、頭皮も乾燥してカサカサしたり、乾燥からかゆみが起きたりすることがあります。

紫外線による頭皮へのダメージ

紫外線の影響で頭皮が乾燥することもあります。紫外線は皮膚のバリア機能の低下を招くため、肌が乾燥しやすくなるのです。

また、紫外線を浴びると皮膚が炎症を起こして、熱をもつことがあります。皮膚が熱をもった状態になると、肌の水分が蒸発しやすくなります。その結果、肌が乾燥しやすい状態になることがあるのです。

外出の頻度が増えた、外出した日の日差しが強かったといったことがあれば、紫外線による頭皮へのダメージが原因で乾燥が起きているのかもしれません。

一般的には紫外線を浴びると、日焼けする、シミやしわができるなどといったことが注目されやすいものです。そのため、皮膚の乾燥と結び付けて考えることは少ないでしょう。

しかし、紫外線が肌や頭皮の乾燥を引き起こす要因になってしまうこともあるので、帽子をかぶせる、紫外線の強い正午前後の外出を避けるなど、頭皮の紫外線対策を行うことが大事です。

目次へ

赤ちゃん、子供の頭皮にやさしい保湿ケア

皮膚のバリア機能が未熟な赤ちゃんの頭皮は、やさしくケアすることが大事です。頭皮が乾燥してカサカサや炎症 などの症状があるなら、保湿ケアをして乾燥を抑えましょう。

赤ちゃんや小さなお子さま のための、頭皮にやさしい保湿ケアを紹介します。

低刺激な頭髪用シャンプーで洗う

洗浄力が強いシャンプーを使うと、頭皮の乾燥が進んでしまうことがあります。頭皮に必要なうるおいをきちんと残してやさしく洗えるように、低刺激な頭髪用シャンプーを選びましょう。

頭皮のトラブルを防ぐための、正しいシャンプーの方法を紹介します。

1. シャンプーをする前に、お湯(ぬるま湯)で頭皮と髪をよくぬらし ます。
2. シャンプーを手に取り、しっかりと泡立てます。
3. マッサージするように泡を広げて、指の腹を使ってやさしく頭皮を洗います。
4. 全体を泡で洗ったら、ぬるま湯でシャンプーが残らないようにしっかりすすぎます。

シャンプーの前後に使うお湯の温度が高いと頭皮の乾燥につながるので、ぬるま湯を使うのがポイントです。また、髪の生え際や耳の後ろ、えりあしなどは洗い残しやすすぎ残しが起きやすいので、特に気を付けて洗うようにしましょう。

シャワーのお湯は刺激を与えないように、弱めの水圧で使うのがおすすめです。

タオルドライで髪の毛を乾かす

赤ちゃんの頭皮はデリケートなので、入浴後は髪の毛をしっかりと乾かすことが大事です。髪の毛がぬれた状態のままにすると、雑菌の繁殖の原因となり、頭皮のトラブルを引き起こす要因になってしまう可能性があります。

頭皮のトラブルを避けるために、入浴後は髪の毛の自然乾燥は避け、しっかりとタオルドライをしましょう。柔らかいタオルを使って水分をしっかりと吸収してください。このときも頭皮を傷つけないように、やさしくていねいに拭いてあげましょう。

毛量が多い赤ちゃんの場合はドライヤーを使うと、短時間で髪の毛を乾かせます。

ドライヤーをかける場合もタオルドライをしっかりと行った後にして、ドライヤーを使う時間は短時間で済むようにしましょう。ドライヤーは頭から10cm以上離して、赤ちゃんがびっくりしないように風量が弱めの温風をあてるのがおすすめです。

入浴後すぐに清潔な頭皮を保湿する

入浴後、赤ちゃんの髪の毛を乾かしたら、すぐに頭皮も保湿ケアを行いましょう。赤ちゃんや肌がデリケートなお子さまにおすすめなのが、低刺激な保湿剤です。

特にジェルタイプや乳液タイプの保湿剤は、タレにくくて頭皮に塗りやすいのでおすすめです。乾燥しているからとクリームタイプの保湿剤を頭皮に使うと、頭皮も髪の毛もベタベタしてしまうことがあります。

保湿剤は、指の腹を使って頭皮にやさしくなじませてください。一度にたくさんの量をなじませようとすると、髪の毛にたくさん付いてしまうので、少しずつなじませるのがコツです。

目次へ

すぐにできる赤ちゃんの頭皮の乾燥予防策

保湿ケア以外にも赤ちゃんの頭皮の乾燥予防のためにできることがあります。

・室内の乾燥対策をする

室内の空気が乾燥していると頭皮の水分も奪われやすくなるので、赤ちゃんが過ごす室内の乾燥対策を行いましょう。加湿器を使うと室内の乾燥を防ぐことができるので、赤ちゃんが過ごす部屋では加湿器を利用してみてはいかがでしょうか。

特に、エアコンなどの冷暖房器具を使っている室内は乾燥しやすいので、加湿器を使うなどして空気の乾燥を防ぎましょう。また、洗濯物を部屋干しするのも部屋の湿度アップに役立つのでおすすめです。皮膚にとって最適な湿度は約40~60%といわれているので、その湿度をキープするよう心がけてみてください。

・睡眠不足に注意する

睡眠不足は、肌や頭皮の乾燥につながります。細胞の修復や再生にかかわる成長ホルモンは、睡眠中に分泌されるからです。

電気がついた 明るい部屋や、テレビやラジオなどがついたにぎやかな 部屋で赤ちゃんを寝かしつけていませんか?

そのような部屋だと、赤ちゃんがなかなか寝つかなかったり、寝ても途中で目が覚めたりして、十分に睡眠が取れないことがあります。赤ちゃんがぐっすりと眠れるような睡眠環境を整えてあげましょう。

・冬だけでなく一年を通してスキンケアをしてあげる

肌や頭皮が乾燥しやすい冬だけでなく、一年を通してスキンケアをしてあげましょう。保湿ケアをしっかりと行うことで、頭皮の乾燥を予防することができます。また、エアコンなどの影響で夏の時期でも肌や頭皮は乾燥しやすいため、季節を問わずスキンケアを行うことが大事です。

目次へ

まとめ

赤ちゃんの頭皮が乾燥してカサカサのままだと、見た目も気になりますし、かゆみが出たりして、赤ちゃんも不快な思いをすることになります。できるだけ早く対応して、頭皮の状態を改善してあげたいものです。

皮膚のバリア機能が未熟で、皮脂の分泌量が低下した赤ちゃんの肌は、とても乾燥しやすいので、低刺激な頭髪用シャンプーを使ってやさしく洗ってあげましょう。髪と頭皮を洗った後は、素早く乾かして低刺激な保湿剤を使って頭皮を保湿することが大事です。

季節を問わず頭皮ケアをしてあげると、赤ちゃんが毎日を快適に過ごせるようになることでしょう。