【子供の日焼け対策】日焼けの後はしっかりとしたアフターケアが大切

ひと昔前は、日焼けした子供の肌は活発で健康的なイメージがありましたが、近年は必ずしもそうとは言えなくなっています。大人の女性に限らず、日焼けはできる限り避けるべきです。 しかし、学校の行き帰りや部活、友達・家族との外遊びなど、外で過ごす時間が長い子供は日焼けする機会が少なくありません。まずは、正しい対策方法を知り、適切な日焼け対策を行いましょう。 ここでは、子供のための日焼け対策について紹介します。万が一、日焼けをしてしまった場合の対処方法もあわせて解説しているので、ぜひ役立ててください。


この記事は約7分で読み終わります。

日焼け対策が子供にとって重要な理由

日焼け対策は、今や老若男女問わず必要です。紫外線を浴びることで、体内でビタミンDを合成できるメリットが得られる反面、日焼けやシミ・しわなどの光老化(ひかりろうか)のデメリットもあります。

そのため、日焼け対策は子供の頃から始めても、「早過ぎる」ということはありません。むしろ、子供の頃からきちんと対策することで、安心して子供たちをレジャーやショッピングに連れていけるでしょう。

この項目では、子供の日焼けにどのようなデメリットがあるのかを紹介します。

日焼けは軽いやけどの一種

やけどというと、熱湯がかかったり熱い蒸気に触れたりすることでできるものを思い浮かべる方が多いでしょう。実際は、使い捨てカイロや湯たんぽを長時間同じ場所に当て続けてできる低温やけどや、化学薬品に触れることでできる化学やけどなど、種類も原因も多様です。

広義では、日焼けも軽いやけどの一種と言えます。日焼けは医学用語では「日光皮膚炎」と呼ばれ、そのほかのやけどと同様に早めの処置が必要です。日焼けの程度によって症状が異なるため、症状がひどい場合は皮膚科を受診した方が良いでしょう。

【日焼け(日光皮膚炎)の場合】

・軽度:日焼けした皮膚が赤くなる
・中程度:日焼けした皮膚のヒリヒリとした痛みや赤みが続く
・重度:日焼けした広範囲の皮膚のヒリヒリとした痛みや赤みが続く、水ぶくれ、発熱、倦怠感など

日焼けした肌は乾燥しており、デリケートな状態です。日焼けというとシミ・しわのリスクばかりを気にしてしまいがちですが、見た目以外にも大きな影響を与えます。例えば、皮膚のバリア機能の低下を招いてしまうため、子供も十分なケアをしなければ、肌にさまざまな悪影響を及ぼす可能性があります。

日焼けしたまま放置すると肌トラブルにつながることも…

日焼けしたまま放置することは、軽度のやけどを放置していることと同じです。バリア機能が低下して乾燥している日焼けした肌に適切なケアを行わず、そのままの状態で放置すれば、以下のような肌トラブルにつながります。

・炎症(患部が熱っぽくなる)
・かゆみ・ヒリヒリとした痛み
・水ぶくれ
・肌の乾燥・肌荒れ
・シミ(色素沈着)
・しわ・たるみ

子供の肌は、大人に比べて肌の水分量を保持する機能や皮脂腺が発達していないため、もともと乾燥しやすい特徴があります。皮脂分泌量が少ないうえに、日焼けによるバリア機能の低下が重なれば、いつも以上に肌トラブルを起こす可能性が高くなります。

また、はっきりとした肌荒れが起こらなくても、バリア機能の低下によってわずかな刺激にも敏感になることがあるため、注意してあげましょう。

目次へ

子供が日焼けしたら、すみやかなアフターケアを

日焼けによる肌トラブルは、日焼け直後に現れるとは限りません。上記のように日焼けそのものではなく、肌の乾燥など間接的な原因によって後日現れる場合もあるためです。できる限り肌トラブルを防止するため、日焼け後に目立った症状が見られない場合も必ずアフターケアを行いましょう。

日焼け後に行うべきケアは、大きく分けて以下の2種類です。

・患部を冷やす
・保湿する

子供の日焼けに対しても、大人と同様に患部の冷却と保湿を行ってください。ひどい痛みがある場合や水ぶくれができた場合は、皮膚科の受診をおすすめします。

目次へ

具体的なアフターケアの方法

日焼けをしてしまったときは、早めにアフターケアを行いましょう。日焼けは軽いやけどと同じため、ケア方法にも注意が必要です。間違ったケア方法は、低下した皮膚のバリア機能に悪影響を与えたり、痕が残ったりする原因となるためです。

この項目では、先に説明したふたつのケア方法「患部を冷やす」と「保湿する」について、詳細と注意点を紹介します。

1.冷やす

日焼けした肌は、熱を持っている状態です。まずは、肌のほてりを鎮めるため、しっかりと患部を冷やしましょう。

冷やすときは、肌を刺激しないようにやさしく冷やすことが大切です。例えば、以下の方法があります。

・流水で冷やす
・濡らしたタオルを当てる
・保冷剤や氷水を入れた氷のうを当てる

患部に流水をかけて、やさしく冷やす方法がおすすめですが、長時間は流水にさらせない部位(顔など)の日焼けには、冷たい水で濡らしたタオルを当てます。こまめにタオルを濡らして繰り返し当て続けることで、肌を冷やすことができます。

保冷剤や氷水を入れた氷のうを使うことも可能です。患部にダメージを与えないよう、保冷剤や氷のうを使用するときはタオルでくるみ、急激に冷やし過ぎないようにします。しかし、子供の場合は冷やし過ぎに気付かないことがあるため、この方法で冷やす場合は親が付き添ってあげて、十分に注意しながら冷やしてください。

日焼けは全身や上半身のみなど、広範囲におよぶケースがほとんどです。そのため、冷たいシャワーをあびる方法も効率が良いでしょう。シャワーを使用するときは、水の勢いは弱めにして、肌にやさしくかけるようにしてください。

2.保湿する

しっかりと患部のほてりを鎮めた後は、肌を保湿します。日焼けの後は皮膚の水分が減っているため、いつも以上に入念な保湿ケアが必要です。

保湿ケアのポイントは、以下のとおりです。

・日焼け止めをきちんと洗い流してから保湿する
・子供用や敏感肌用の低刺激なアイテムを選ぶ
・保湿剤を塗るときはこすらず、やさしく伸ばすように塗る

保湿の前に、きちんと日焼け止めを洗い流します。肌にダメージを与えないよう、洗浄料はしっかり泡立てて、やさしく手で洗いましょう。

次に保湿です。近年は、子供用や敏感肌用の保湿アイテムとして、ローションやジェル、クリームなど、さまざまなタイプが販売されています。子供の肌に合う、使いやすいタイプを選んであげましょう。例えば、よく伸びて塗りやすいタイプ、塗った後にベタつかないタイプなどが挙げられます。また、ローションタイプは油分が少ないのでベタつきやすい頭皮などに、反対にクリームタイプは油分が多く水分は控えめなので、乾燥しやすい部分に使います。さらに、配合成分で選ぶのも良いでしょう。保湿成分や炎症を抑える成分が入ったタイプがおすすめです。

また、日焼け後はいつも以上に皮膚の水分が減っています。いつもよりもしっかりと保湿をしましょう。

保湿剤を塗るときも、肌をこすらないように注意してください。肌の数ヶ所に点々と保湿剤を置き、やさしく伸ばすように塗りましょう。

目次へ

まとめ

日焼けした子供の肌には健康的なイメージがありますが、肌への影響を考えると日焼けし過ぎないことが大切です。レジャーやショッピングなどシーンに合わせた日焼け止めを使用して、汗をかいたときはこまめに塗りなおすなど、きちんと日焼け対策をしてあげることで、ヒリヒリとした痛みや赤みから子供を守ることができます。

万が一日焼けしてしまった後は、早めに対処してあげましょう。患部の冷却はもちろん、しっかりと保湿ケアすることが重要です。近年は、子供の肌にやさしい保湿アイテムが多く販売されています。日焼け止めも保湿アイテムも、子供の肌に合うものを選んでケアしてあげてくださいね。

 

 

【この記事の監修医師】

鼻岡 佳子 先生

鼻岡けいこ皮フ科クリニック院長。医学博士。開院まで20年弱、県内外の大学病院や総合病院の医師としてアトピー性皮膚炎や食物アレルギー、皮膚癌、小児皮膚科治療、美容皮膚科治療など幅広い年代の皮膚疾患・皮膚科治療に携わる。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医・指導医。日本皮膚科学会認定美容皮膚科・レーザー指導専門医。日本抗加齢医学会専門医。