子供に多いあせも!かゆみを抑える方法とは

汗ばむ季節になると、あせもに悩まされる子供が多くなります。あせもができると、かゆいのでかきむしってしまい、症状がどんどん悪化してしまうことがあるため、できるだけ早く対策を行って、かゆみから解放してあげたいですよね。 この記事では、あせもの原因と症状を抑える方法について解説します。また、予防方法についても紹介しますので、参考にしてみてください。


この記事は約9分で読み終わります。

子供の肌にあせもができてしまう原因

あせもは、汗が通る管(くだ)である「汗管」が詰まることが原因で発生します。特にたくさん汗をかきやすい部分や、汗がたまりやすい腕や足の関節の内側にできることが多いです。

気温の上昇や運動などによって体内に熱がこもると、体温を下げるために汗が分泌されます。汗は汗腺で分泌され、汗管を通って体外に排出されます。

汗がスムーズに排出されれば全く問題はありません。しかし、大量に汗をかいた後、それを放置しているとあせもができやすくなってしまいます。それは、汗に含まれている塩分が汗管をつまらせたり、皮膚に付いたほこりが汗管をふさいでしまったりすることが原因です。

汗管が詰まると、行き場をなくした汗が皮膚の内側にたまってしまい、それが周辺組織を刺激します。結果として、炎症が起こり、あせもができるのです。

汗をかくのは大人も子供も同じですが、特に乳幼児はあせもができやすいので注意しましょう。乳幼児にあせもができやすい原因として、汗腺の数が大人とあまり変わらないという点が挙げられます。

体の大きさは小さいのに汗腺の数が変わらないため、体表面積あたりの汗腺の密度が大人と比べて子供の方がかなり高く、大量の汗をかいてしまうのです。

そのため、適切なケアをしないでいると汗管が詰まりやすく、結果としてあせもができやすくなります。あせもができると、かゆいのはもちろん、チクチクとした痛みをともなうこともあるので、特に乳幼児はあせもができないように対策しておくことが大切です。

目次へ

かゆい!子供あせもの抑え方

あせもができると、かゆいのでかいてしまいがちですが、かけばかくほどかゆみが増し、あせもが悪化してしまいます。あせもの対処法としては、まずはかくのをやめなければなりません。

とはいえ、子供に「かゆいからといって、かいてはダメ」と言っても、我慢させることは難しいものです。なので、かくのをやめさせようと頑張るのではなく、まずはかゆみの原因を取り除いてあげるようにしましょう。

かゆみを抑えるためにおすすめなのが、医薬品のあせも用クリームです。子供の肌にあせもができたら「かゆい」と言い出す前に早くクリームを塗ってあげれば、あせもによるかゆみを抑えることができるので、少しずつ症状が治まっていきます。

クリームを塗ってあせものケアをしつつ、同時に肌をかくのをやめれば、あせもは次第に良くなるでしょう。ただし、症状が治まったからといって、今までと同じような生活を送っていると、再びあせもによるかゆみに悩まされるようになります。

そうならないためにも、医薬品のあせも用クリームで症状を抑えた後は、かゆみが再発しないようにあせもを予防することが大切です。

具体的にどのような予防策があるのか、次の項で紹介するので、参考にしてみてください。


あせもなど汗をかいた後の肌トラブルにお使いいただけるのがユースキンのあせもシリーズです。症状に合せてお選びいただけます。

あせもができてかゆい、汗をかいた後にかぶれてしまったといったときにおすすめなのが『あせもクリーム』。かゆみを抑える成分としてクロタミトン、かゆみのもととなるヒスタミンの働きを抑制するジフェンヒドラミンを配合しているので、かゆみを鎮め、予防します。炎症を抑えるためにグリチルレチン酸、抗菌成分としてイソプロピルメチルフェノールも配合しているので、汗をかいた後の肌トラブルに有効です。

こすれて痛がゆいあせものケアにおすすめなのが『あせもパウダークリーム』。パウダー配合で患部を保護しつつ、あせもにアプローチします。かゆみを抑える成分としてジフェンヒドラミン、炎症を抑える成分にグリチルレチン酸を配合。抗菌成分としてイソプロピルメチルフェノール、保護・乾燥成分として酸化亜鉛を配合しているクリームです。

あせもや汗荒れの予防に使えるのが『薬用あせもジェル』です。有効成分として抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムを配合しているため、汗をかいた後の肌荒れ予防におすすめです。携帯用に小型チューブタイプもあります。

汗をかいた後に拭き取りに便利なのが『薬用あせもシート』。こちらもグリチルリチン酸ジカリウム配合なので肌の炎症を抑えます。また、うるおい成分を配合しているので、これ1枚で汗を拭き取りつつ保湿もできるので便利です。外出先でのあせも対策にお使いください。

目次へ

子供があせもにならないための予防方法

せっかくあせもを抑えても、また大量の汗をかくと再発してしまうことも少なくはありません。再びかゆみに悩まされないようにするためには、あせもの再発を予防することが大切です。

基本的には、肌を清潔に保つことが、あせもの予防に欠かせない要素だといえるでしょう。肌が清潔でないと、汗の通る汗管が詰まってしまい、あせもが再発してしまいます。

あせもを再発させないためには、「汗をかいた後にそのまま放置する」のはNGです。汗をかいたらシャワーなどでこまめに洗い流し、あせもを予防するようにしましょう。シャワーが難しい場合は、下着を着替える、肌を押さえるようにタオルで汗をやさしく拭きとるなどが有効です。

高温多湿を避ける

高温多湿の環境では汗をかきやすいため、更にあせもができやすくなります。特に蒸し暑い夏場は普段よりも多く汗をかくため、あせもができる条件がそろいやすいので注意が必要です。

子供は外で遊ぶのが好きですが、なるべく日差しの強い時間帯を避け、朝夕の少し涼しい時間を選んで外に出るようにしましょう。あせも対策には涼しい環境で過ごすのが良いので、日中はエアコンを入れて、汗をかかない程度の温度に部屋を保つようにするなどの工夫をしてください。

シャワーで汗を流す

先述したとおり、汗が汗管の詰まりの原因になってしまうことで、あせもができます。あせもを予防するためには、汗をかいたらシャワーですぐに流すようにするのがおすすめです。

外出先ではすぐにシャワーを浴びるというのは難しいので、こまめに汗を拭き取るようにし、家に帰ったらすぐにシャワーで汗を流すというのを習慣にしましょう。
そうすることで、汗管が詰まってあせもができるのを防ぐことができます。

吸湿性や通気性に優れた下着を使用

子供のあせもを予防するためには、下着にもこだわるようにしてみてください。汗をかいたら、すぐにシャワーなどで汗を流して着替えるのが一番ですが、外出先だとそう気軽にはできないでしょう。

そのため、汗をかいたまま何時間も過ごすということも少なくありません。肌に汗が残った状態でそのまま過ごすと、あせもができやすくなるので、できるだけ肌に汗が残らないような吸湿性や通気性の優れた下着を選ぶようにしてみてください。

吸湿性に優れた下着なら、汗をすぐに吸収してくれるので、外出先で汗をかいても安心です。通気性の悪い下着だと、蒸れてしまって暑くなり汗をかきやすくなるため、あせも予防には通気性の良い下着を選ぶようにしましょう。

子供は、体表面積あたりの汗腺の密度が高く、しかも大人と比べて体温が高めなので、汗をよくかきます。夏場だけでなく冬場でも汗をかきやすいので、季節を問わず吸湿性や通気性の優れた、肌にやさしい素材の下着を選ぶのがおすすめです。

保湿剤でケア

あせもを予防するためには、肌の保湿をしっかりと行うことも大切です。

肌が乾燥すると、皮膚のバリア機能が低下するため、あせもができやすくなる可能性があります。また、紫外線やホコリなどのちょっとした刺激にも肌が敏感になって、かゆみが出やすくなるので注意が必要です。

シャワーや入浴の後の肌は乾燥しやすくなっているので、しっかりと保湿ケアをしましょう。保湿剤には、ローションやクリーム、軟膏などがあります。

ローションは水分が多く油分が少ないのが特徴で、クリームは油分が多く水分は少なめです。軟膏は油分だけで、水分が含まれていません。これらは、使用する範囲や使用感に合わせて使い分けましょう。

例えば、ベタつきやすい頭皮は油分の少ないローションを使い、乾燥しやすい部分はクリーム、保護したい部分に軟膏を使います。また、最初にローションを全体に塗っておいて、乾燥が気になる部分にだけクリームや軟膏を重ね塗りすることもできるでしょう。

肌が乾燥しやすい子供の場合はシャワーや入浴の後だけでなく、起床後やお出かけ前など、1日に2~3回くらいを目安に保湿してあげるようにしてください。

 


バリア機能が低下した肌におすすめなのが、ユースキンのシソラシリーズです。さまざまな効能があることで知られている「しそ」のうるおす力にユースキン製薬が着目し開発したのがシソラ。肌をうるおし、肌荒れを防ぐ低刺激のスキンケアシリーズなので、皮膚のバリア機能の低下により刺激を受けやすくなった肌にもお使いいただけます。

シソラの大きな特徴は、北海道産のしそを原料にしたしその葉エキスを配合していることです。うるおす力が優れているしその葉エキスが、バリア機能が低下した肌をやさしく保湿します。また、肌荒れ防止のためにローションにはグリチルレチン酸ステアリル、クリームとソープにはグリチルリチン酸ジカリウムを配合。しっとりとうるおいのある肌を保ちます。

シソラシリーズは「洗う」「うるおす」「守る」の3タイプ。「洗う」タイプは、肌のうるおいを保ちつつやさしく洗い上げるボディシャンプーと洗顔にぴったりのソープの2種、「うるおす」タイプは、顔や身体の保湿におすすめのクリームとローションの2種があり、チューブ・ポンプ・ボトルタイプから選べます。そして「守る」タイプは、紫外線から肌を守るUVミルク。無香料・無着色・低刺激性で、紫外線吸収剤・アルコールフリーのUVミルクなので肌が敏感な方にもおすすめです。


肌が乾燥してかゆみがあるときにおすすめなのがユースキンIシリーズです。かゆみを鎮める成分やかゆみのもとであるヒスタミンの働きを抑える成分が配合されているため、肌トラブルによるかゆみを鎮めたいときにお使いいただけます。

有効成分は、クロタミトン・ジフェンヒドラミン・グリチルレチン酸・ビタミンE酢酸エステル・イソプロピルメチルフェノールの6種類を配合しています。かゆみを鎮める成分として配合されているのが、クロタミトン、ヒスタミンの働きを抑える成分としてジフェンヒドラミンを配合です。炎症を鎮める成分としてグリチルレチン酸、抗菌成分としてイソプロピルメチルフェノール、血行促進成分としてビタミンE酢酸エステルを配合しています。

ローション(乳液)タイプとクリームタイプがあるので、使用感の好みでお選びいただけます。いずれも肌馴染みが良く、広範囲に素早く塗ることができるのが特徴です。使い心地はさっぱりとしており、ベタつかないため肌に塗った後にすぐに衣服を着用することができます。また、清涼成分も配合していませんので、肌に塗ったときにしみにくいのも特徴です。毎日のスキンケアとして全身にお使いいただけます。

目次へ

まとめ

あせもができてしまう原因は、汗腺で分泌された汗が通る汗管が詰まってしまうことにあります。子供のあせもを予防するためには、「汗をかいたらすぐに拭き取る」「洗い流して肌を清潔に保つ」「肌を保湿する」ということを心がけてください。

子供はかゆいとかきむしってしまうので、あせもができているようなら早めに医薬品のあせも用クリームを塗って、かゆみを抑えるようにしましょう。特に子供は汗をかきやすいので、あせもを繰り返しやすい傾向にあります。本記事で紹介した予防方法を参考に、再発を防ぐようにしてください。