赤ちゃんの肌の保湿はいつから必要?時期とケア方法を知ろう

赤ちゃんの肌といえば、つるつるすべすべのもっちり肌でトラブルとは無縁、と思っていませんか?実は、赤ちゃんの肌は大人以上にデリケートで傷つきやすいので、しっかりケアが必要です。 赤ちゃんの肌の保湿はいつから始めたらよいか、どんな風にケアしたらよいかを紹介します。


この記事は約7分で読み終わります。

赤ちゃんこそ肌の保湿が必要!生まれてすぐ始めるべき理由

赤ちゃんの肌は大人よりもずっと乾燥しやすく、乾燥による肌トラブルを起こしやすいのです。

皮膚にはバリア機能があり、このバリア機能が乾燥やホコリ、花粉、紫外線、化学物質や微生物といった外的刺激から体の内側を守っているのですが、赤ちゃんの皮膚のバリア機能は未成熟なため、非常に乾燥しやすくなっています。

生まれたての赤ちゃんであれば、皮脂が自然と分泌され、特に保湿を行わなくてもうるおいが保たれているのですが、この皮脂の分泌は生後3〜4ヶ月頃から減ってしまいます。

そのため、乾燥による肌トラブルを防ぐために、赤ちゃんの肌には保湿ケアをしてあげる必要があります。

目次へ

赤ちゃんの肌の保湿ケアに使いたいアイテム

では、赤ちゃんの肌の保湿ケアには何を使用すればよいのでしょうか?

様々な使用感や形状の市販の保湿ケア用品がありますが、赤ちゃんのデリケートな肌にやさしい、低刺激で無着色、無香料のものを選ぶようにしましょう。初めて使うときは、簡易的なパッチテスト(試し塗り)をすることも忘れないようにしてください。

二の腕の内側やあごの下などの目立たないところに、保湿剤を少し塗布し、2〜3日様子を見ましょう。肌の経過を観察して、赤みやかゆみ、湿疹が出たりしないことを確認してから全身に使うようにしましょう。

また、パッケージや容器に書かれている使用上の注意事項などをよく読んで使うことも大切です。

保湿ローション

保湿ローションはクリームと比べると水分が多いので、ベタつかずサラッとしたテクスチャーが特徴です。一般的にクリームよりは保湿力は低いものの、塗った後にベタベタするのを嫌がる赤ちゃんや夏の保湿ケアにぴったりです。

保湿クリーム

保湿クリームはローションより油分が多く、しっかりとした保湿効果が期待できるので、特に乾燥がひどい箇所や保湿ローションではうるおいを補いきれていないと感じた場合の重ね塗りに使用するとよいでしょう。また、特に空気が乾燥する秋・冬に使用するのもおすすめです。


バリア機能が低下した肌におすすめなのが、ユースキンのシソラシリーズです。さまざまな効能があることで知られている「しそ」のうるおす力にユースキン製薬が着目し開発したのがシソラ。肌をうるおし、肌荒れを防ぐ低刺激のスキンケアシリーズなので、皮膚のバリア機能の低下により刺激を受けやすくなった肌にもお使いいただけます。

シソラの大きな特徴は、北海道産のしそを原料にしたしその葉エキスを配合していることです。うるおす力が優れているしその葉エキスが、バリア機能が低下した肌をやさしく保湿します。また、肌荒れ防止のためにローションにはグリチルレチン酸ステアリル、クリームとソープにはグリチルリチン酸ジカリウムを配合。しっとりとうるおいのある肌を保ちます。

シソラシリーズは「洗う」「うるおす」「守る」の3タイプ。「洗う」タイプは、肌のうるおいを保ちつつやさしく洗い上げるボディシャンプーと洗顔にぴったりのソープの2種、「うるおす」タイプは、顔や身体の保湿におすすめのクリームとローションの2種があり、チューブ・ポンプ・ボトルタイプから選べます。そして「守る」タイプは、紫外線から肌を守るUVミルク。無香料・無着色・低刺激性で、紫外線吸収剤・アルコールフリーのUVミルクなので肌が敏感な方にもおすすめです。

ワセリン

ワセリンは全身に使える上に、肌の刺激になりにくいので赤ちゃんにも安心です。ただ、ワセリンは皮膚の水分が蒸発するのを防ぎますが、うるおいを与える効果はないため、先に保湿ローションなどで肌に水分を与えてから、ワセリンでふたをするイメージで使用するとよいですね。

また、離乳食が始まった赤ちゃんであれば、食事中にどうしても口の周りに食べ物や食べこぼしがついてしまいますが、それを乾いたティッシュなどでゴシゴシ拭くのは避けましょう。

食べこぼしなどが肌についたままになることも肌トラブルの原因になるので、拭き取ることは大切ですが、拭き取るときに皮脂を奪ってしまったり、肌を傷つけてしまったりする可能性もあります。

そこで、ご飯の前に口の周りにワセリンを塗っておくとよいでしょう。そうすれば、食べこぼしの汚れや拭き取るときの刺激から肌を守ってくれます。


ユースキン独自の生成技術によって、不純物を徹底的に除去した高精製ワセリンです。精製度が低く原料由来の不純物が多く混じっているワセリンは、ベタつきや肌への刺激となることがあります。そのような肌への刺激を減らすため、精製度を高めてワセリンの純度を高めたものが『ユースキン パーフェクトワセリン』です。

ワセリンは保湿力が優れており、肌に塗ると、肌の表面に膜を作って肌から水分が逃げるのを防ぎます。また、外部の刺激から肌を保護するためにも使えます。

香料や着色料、防腐剤、酸化防止剤(BHT)、アルコールなどといった肌への刺激となる成分を配合していないので、敏感肌の方におすすめです。入浴後のスキンケアとして、また乾燥が気になるときなどにお使いください。唇や手、ひじ、ひざ、かかとなど、乾燥の気になる部分を中心に全身にお使いいただけます。

不純物を徹底除去したことでベタつきが少なくなっていますが、一度にたくさん塗るとベタつきの原因になります。少量を取って手のひらでよく伸ばし、薄く塗るようにしましょう。うるおいが足りない部分は重ね塗りがおすすめです。

ボディシャンプー

肌のケアは保湿だけでなく、汚れを落として清潔に保つことも大切です。汗や食べこぼしなどの汚れを付着したままにしてしまうと、それ自体が肌トラブルを引き起こす原因になることもあります。そのため、汚れは丁寧に落とすようにしましょう。

肌の保湿ケアは保湿剤を塗るときだけでなく、お風呂で全身を洗うときも行うことができます。やさしく洗浄することができる低刺激なボディシャンプーを使えば、肌のうるおいを守って汚れだけを落とすことができるでしょう。

赤ちゃんの肌を洗うときは、スポンジやタオルなどでゴシゴシこすったりせずに、しっかりボディシャンプーを泡立てて、たっぷりの泡を肌の上にすべらせるように洗いましょう。

また、ボディシャンプーなどの洗浄剤が残ってしまうとそれも肌トラブルの原因になりますので、しっかり洗い流すことも心がけましょう。洗い残しやすすぎ残しが起きやすい首の付け根や腕、足のくびれの部分は要注意です。

目次へ

赤ちゃんの肌の保湿方法と注意点

赤ちゃんの肌の保湿ケアを行うとき、特に気を付けたいことや保湿剤を塗るタイミングなどについて解説します。

こすらず、ムラなく、まんべんなく

保湿剤は、顔からつま先まで全身にまんべんなく塗るようにしましょう。部位ごとに丁寧に塗ると塗りムラを防ぐことができます。

また、塗るときはゴシゴシこすらないようにして、やさしく塗ることを心がけてください。肌を強くこすってしまうと、赤ちゃんのデリケートな肌を傷つけてしまいます。指の腹と手のひらを使ってやさしくのばすとよいでしょう。

赤ちゃんの肌の保湿はいつ、何回すればよい?

特に決まりはありませんが、1日2回程度、お風呂上がりや着替えのときに保湿剤を塗るようにしてください。特に、お風呂上がりの肌は乾燥しやすいので5分以内に塗りましょう。脱衣所に保湿剤を常備しておくと塗り忘れを防ぐことができます。

それ以外にも、おむつを替えたとき、汗を拭いたとき、食事の後に口や手を拭いたときなど、生活スタイルに合わせて気が付いたときに塗るとよいでしょう。

これ以外にも、肌の乾燥を感じたときや、一度保湿剤を塗った後でもうるおいが足りないと感じるときは、保湿剤を重ね付けすることも有効です。

目次へ

まとめ

赤ちゃんの肌の保湿ケアの大切さについて解説をしました。赤ちゃんの肌は乾燥しやすく、肌トラブルを起こしやすいので、保湿ケアは早いうちから行いましょう。

単に、赤ちゃんの肌の保湿ケアを「やらなくてはいけない作業」と捉えるのではなく、保湿ケアを通じて、赤ちゃんとのスキンシップを楽しんでみてください。