唇の乾燥は正しいケアで改善できる!カサカサ知らずの唇になるには

空気が乾燥する秋から冬にかけて、唇の乾燥に悩まされている方が多くいることでしょう。 唇の乾燥が悪化すると、カサカサするだけでなく、皮がむけたりひび割れたりするので、「どうケアすれば良いのか…」と悩んでしまいますよね。特に女性は、口紅がキレイに塗れず困ってしまう方も多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、唇が乾燥してしまう原因と正しいケアの方法について解説します。唇の乾燥でお悩みの方は参考にしてください。


この記事は約7分で読み終わります。

なぜ乾燥する?唇がカサカサして、むけてしまう原因

どうして唇が乾燥してしまうのか、まずは原因について知っておきましょう。

角層が薄く、皮脂腺・汗腺がないから

唇は、他の部位の皮膚と比べて角層が薄いため水分をためにくく、皮脂を分泌する皮脂腺や汗を分泌する汗腺がないため、皮脂膜もありません。そのため、皮膚のバリア機能が低く、水分が蒸発しやすいのです。

これらの要因により空気の乾燥による影響を強く受けてしまい、カサカサ、皮むけなどのトラブルが起こるのです。

さまざまな要因の影響を受けやすいから

唇は、話をしたり、食べたり、表情を表したりと日常生活での動きが多い部位です。その上、気候や紫外線、化粧品、食品などの刺激に影響を受けやすい部位でもあります。また、体調の変化も唇に影響を与えます。

唇には紫外線の影響を軽減するメラニン色素が少ないため、紫外線からの影響を強く受けやすく、それが乾燥の引き金となることがあるのです。また、香辛料が効いた食べ物が刺激を与えて、唇の荒れの原因となることもあります。

この他に刺激となるものとして挙げられるのが、マスクです。長時間つけている場合や、つけたりはずしたりすることでマスクと唇がこすれ、それが刺激となって唇の荒れを起こす原因になってしまうことがあります。

さらに、夏に唇が荒れることも珍しくありません。唇が荒れる季節といえば、空気が乾燥する秋から冬をイメージする方が多いでしょう。しかし、紫外線やエアコン、化粧品、食品、マスクといった要因で唇が乾燥することもあるので、秋冬だけが唇の乾燥する時季とはいえないのです。

目次へ

唇が乾燥したときに現れる症状

唇が乾燥したことで現われる症状はさまざまです。ここでは、よく起こる症状を紹介します。

口唇炎

炎症で唇全体が赤く腫れたり、皮がむけたりします。唇に亀裂が入って割れることもあります。

口角炎

口角とは口の両端のことです。そこに炎症が起きて、赤く腫れたり、皮がむけたり、かさぶたになったりすることを口角炎といいます。

口を開けたときに口角部分が裂けて切れてしまうと、痛いので注意しましょう。特に、話す、笑う、食べるといったときに切れやすいので、気を付ける必要があります。

ひび割れ

唇の乾燥が進んで、ひび割れが生じます。出血する場合もあります。

ただれ

唇に水疱ができたり、かさぶたになったりします。

目次へ

唇のターンオーバーは3~4日!ケアすれば効果が出やすい

唇は乾燥しやすく荒れやすいものの、きちんとケアすれば症状が治まりやすいという特徴があります。

これは、皮膚のターンオーバーのサイクルが約28日であるのに対して、唇は約3~4日ととても早く、正しくケアすれば、唇の乾燥やカサカサは治りやすいためです。トラブルに気付いたら早めにケアをしましょう。

目次へ

唇の乾燥を改善するなら、リップクリーム

唇の乾燥対策といえば、リップクリームです。「リップクリームは塗っているけれど、症状が改善しない」という場合は、正しい使い方ができていないのかもしれません。

リップクリームの効果を最大限発揮するためにも、リップクリームの選び方と正しいケアの方法を確認しましょう。

リップクリームが乾燥を防ぐ理由

先ほど解説したように、唇が乾燥する主な原因は、皮脂膜がないことです。リップクリームを塗れば、その油分が唇の水分の蒸発を防ぐので、乾燥を防ぐことができます。

どんな成分が入っているリップクリームが良い?

リップクリームは、症状に合った成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。ただし、唇に合わない成分があるとかぶれることもあるので、使ったときに唇がヒリヒリするなどの症状があらわれた場合は、使用を中止しましょう。

乾燥がひどい

乾燥がひどい場合は、保湿成分が入ったものを選んでください。ヒアルロン酸ナトリウムやグリセリンなどが含まれたものを選ぶと良いでしょう。

炎症がある

抗炎症成分であるグリチルリチン酸やグリチルレチン酸ステアリルなどが配合されたものがおすすめです。

ひび割れがある

ひび割れの回復をサポートするために、組織修復成分が入ったものを選びましょう。アラントインが配合されたものを選ぶと良いでしょう。

リップクリームを塗るときのコツ

少しでも唇の乾燥を感じたら、リップクリームを塗るようにしましょう。乾燥をそのまま放置すると、皮がむけたり、炎症が起きたりする可能性があるので、早めに保湿することが大切です。

リップクリームの形状にはスティックタイプの他に、チューブタイプやジャータイプがあります。どのタイプを使う場合でも、スティックや指でゴシゴシこするように塗らないでください。唇はとてもデリケートなので、刺激を与えないようにやさしく塗ることが大切です。

唇の乾燥がひどい場合は、リップクリームをたっぷり塗りましょう。

症状がひどいなら、医薬品のリップクリームを使おう

唇の皮むけがひどかったり、ひび割れや出血がみられたりする場合は、医薬品のリップクリームを使うのがおすすめです。

口唇炎や口角炎に効果のある医薬品のリップクリームを使うと、唇にうるおいを与えつつ治療することができます。

ワセリンは効果がある?

ドラッグストアなどで手軽に入手できるワセリンを、保湿目的で肌に使っている方は少なくないでしょう。

ワセリンにできるのは、肌の水分を閉じ込めることです。ワセリンは油分なので、塗ると肌の水分の蒸発を防ぎ、外部の刺激から肌を保護するのに役立ちます。

全身に使えるので、もちろん唇に使うことも可能です。唇だけに使いたいのであれば、ワセリンが入っているチューブタイプのリップクリームを選べば、手を汚さずに使えるので便利でしょう。

目次へ

今すぐやめよう!唇を乾燥させるNG行為

いくらリップクリームで唇をケアしても、乾燥を悪化させるNG行為をやめないと、症状は治りづらくなるでしょう。ここでは、唇の症状が進行するNG行為を紹介していきます。

唇をなめる、かむ、触る、皮むけをむく、こする

次に挙げる行為は、唇を乾燥させる原因となるので止めましょう。

唇をなめる

唇をなめると一瞬うるおったように感じるものの、水分が蒸発すると余計に乾燥してしまうのでNGです。

唇をかむ

唇をかむと刺激になります。唇をかむ癖がある方は要注意です。

唇を触る

唇は角層が薄いので、とてもデリケートです。触ることで刺激を与えてしまうので、唇の乾燥が進みます。

皮むけをむく

皮むけをむくと、傷が深くなって出血することもあります。気になっても、むかないようにしましょう。

唇をこする

こするのも刺激を与えることになります。特に、食事の後にティッシュなどで必要以上にこすらないようにしましょう。

唇は乾燥しやすい環境下にある

唇は、乾燥しやすい環境下にあるということを覚えておきましょう。

エアコンの風紫外線にさらされると、唇の乾燥を引き起こします。リップクリームを塗っていない唇を、エアコンの風や紫外線など、乾燥しやすい環境下にさらさないようにしましょう。

もちろん、リップクリームを塗っていても、飲み物を飲んだり食べ物を食べたりすると取れてしまいます。また、辛い食べ物を食べることが刺激になって、唇にダメージを与えることもあります。飲食後には、唇を清潔にした後に、リップクリームでケアするのを忘れないようにしましょう。

口紅を塗る前にはリップクリームで保湿

口紅を塗る前には、必ずリップクリームを塗るようにしましょう。あらかじめリップクリームを塗ってうるおいを与えることで、唇の乾燥を防ぐことができ、口紅のノリも良くなります。リップクリームを塗り、しばらくおいてなじんでから口紅を塗ってくださいね。

目次へ

まとめ

唇は角層が薄く、皮脂膜がないので乾燥しやすい部位です。また、紫外線やエアコン、食品、化粧品といった外的な刺激を受けやすく、さまざまな刺激が要因となって乾燥を引き起こします。

唇の乾燥に悩まされている方は、リップクリームを使ってこまめに保湿ケアをしましょう。症状に合わせたリップクリームを使って正しくケアすれば、症状は治まるでしょう。また、乾燥の原因となる唇を触るなどのNG行為をやめて、キレイな唇を保ちましょう。

 

 

【この記事の監修医師】

鼻岡 佳子 先生

鼻岡けいこ皮フ科クリニック院長。医学博士。開院まで20年弱、県内外の大学病院や総合病院の医師としてアトピー性皮膚炎や食物アレルギー、皮膚癌、小児皮膚科治療、美容皮膚科治療など幅広い年代の皮膚疾患・皮膚科治療に携わる。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医・指導医。日本皮膚科学会認定美容皮膚科・レーザー指導専門医。日本抗加齢医学会専門医。