乾燥によって敏感肌になる?今⽇から始められる予防

肌の乾燥に悩まされている方は少なくありません。特にオフィスをはじめ、一年中エアコンが効いている職場で働く方の多くが、肌の乾燥に悩まされています。 こういった肌の乾燥を放っておくと、敏感肌になってしまうこともあるので、早めの対策をしたいところです。 この記事では、敏感肌の予防について、「肌の乾燥対策」を中心に紹介していきます。


この記事は約6分で読み終わります。

もしかして肌あれの原因は乾燥?

「最近、肌のコンディションが悪いな」と感じることはありませんか?
「ザラザラする」「かゆい」「赤みがある」といった肌トラブルは、乾燥が原因かもしれません。
乾燥と肌トラブルの関係について、確認してみましょう。

乾燥は肌トラブルのもと

エアコンが普及したことにより、現代人は季節を問わず一年中、肌が乾燥しやすい環境で生活するようになりました。肌が乾燥すると、肌のキメが粗くなったり、肌がカサついたりするだけでなく、さまざまな肌トラブルを引き起こすので注意が必要です。

「肌が乾燥している状態」とは、言い替えれば「肌の水分が不足している状態」ともいえます。
健康な肌は、皮膚のバリア機能によって、外部からの刺激から体を守っています。しかし、水分不足で乾燥肌になると、皮膚のバリア機能が低下してしまうのです。

皮膚のバリア機能が低下すると、肌は外部からの刺激を受けやすい状態になってしまい、ちょっとした刺激でも、かゆみや炎症などの肌トラブルを引き起こしやすくなります。そういった理由からも、肌の乾燥は、肌トラブルのもとといえるでしょう。

「乾燥肌」と「敏感肌」

「乾燥肌」と「敏感肌」は、厳密には違うものです。とはいえ、肌が乾燥すると敏感肌になることが多いため、「乾燥肌」と「敏感肌」は密接な関係にあるといえます。

乾燥肌というのは、肌の水分が不足して乾燥している状態のことですが、敏感肌とはどんな肌のことをいうのでしょうか?

実は、敏感肌に医学的な明確な定義はありません。しかし、一般的には「皮膚のバリア機能が低くなっている肌」を、敏感肌と呼びます。

皮膚のバリア機能が低下すると、特定の化粧品を使った後に、「肌にかゆみが出る」「炎症が起きる」「ヒリヒリする」といった肌トラブルが起きやすくなります。こういった肌トラブルが頻繁に起こるようであれば、敏感肌の状態であるといえるでしょう。

健康な肌であれば、皮膚のもっとも外側にある角層の水分が十分に保たれており、皮膚のバリア機能がしっかりと機能しています。だからこそ、肌の内側の水分が外部に逃げていくことはありませんし、外部からの刺激にも過敏に反応することもありません。

しかし、肌が乾燥して角層の水分が減少すると、皮膚のバリア機能が低下してしまいます。肌が乾燥すると敏感肌になりやすくなるのは、このためです。

目次へ

バリア機能が低下するしくみ

ここまでは、「肌の乾燥が皮膚のバリア機能の低下につながる」ということについて、解説しました。

次は、「皮膚のバリア機能が低下するしくみ」について、さらに詳しく確認していきましょう。

水分量の不足=バリア機能の低下

ヒトの肌はとてもデリケートで、環境やストレスの影響を強く受けます。環境の変化やストレスなどが原因となって皮膚の水分量が不足すると、バリア機能の低下を招いてしまいます。

皮膚は、いくつかの層で構成されています。皮膚の表面の部分が「角層」、その下にあるのが「顆粒層」、そして「有棘層」、「基底層」の順です。この4つの層で表皮が構成されています。

皮膚のもっとも外側にある角層は、大人でも厚みが約0.02mmしかないといわれています。とても薄い角層ですが、皮膚のバリア機能において大きな役割を果たしています。

皮膚のバリア機能が低下すると、角層の細胞間がすき間だらけになり、外部からの刺激を受けやすくなります。そのため、気温の変化や紫外線、雑菌、アレルゲンなどが肌への刺激となり、肌トラブルを起こしやすい敏感なってしまいます。

目次へ

肌の乾燥を防ぐための対策


肌の乾燥を放置していると、敏感肌になる可能性が高まります。つまり、敏感肌を予防するには、肌の乾燥対策を行うことが重要だといえるでしょう。

それでは、肌の乾燥を防ぐためには何を行えば良いのでしょうか。具体的な対策について紹介していきます。

乾燥しやすい状況や環境を知る

肌を乾燥から守るためには、乾燥につながる状況や環境について、よく知っておくことが大切です。次のような状況や環境は、肌の乾燥につながるので注意してください。

・長時間のエアコン
エアコンが効いた部屋に長時間いると、肌が乾燥してつっぱりますよね。エアコンは空気中の水分を奪うので、長時間使用すると空気が乾燥してしまいます。

・紫外線によるダメージ
紫外線がシミやシワなどの肌老化を引き起こすことは、一般的によく知られています。しかし、紫外線の影響はそれだけではありません。
紫外線を浴び続けていると、皮膚のバリア機能が低下してしまいます。その結果、皮膚の水分が蒸発しやすい状態になり、肌の乾燥を招いてしまうのです。

・ビタミン類の不足
ビタミン類には、皮膚の粘膜を健康に保ったり、皮膚のターンオーバーを促進したりする作用があります。食事で十分な量のビタミン類が摂れていないと、それが肌の乾燥につながる可能性があります。

・不適切なスキンケア
「洗い過ぎ」「保湿が十分でない」などの不適切なスキンケアは、肌の乾燥を招きます。また、自分の肌に合ったスキンケアをしていないと、スキンケアが肌への刺激となって、皮膚のバリア機能の低下につながり、結果として肌が乾燥しやすくなるでしょう。

適切なスキンケア

乾燥による敏感肌を避けるためには、皮膚のバリア機能をサポートする適切なスキンケアを行って、皮膚の水分保持能を改善することが大切です。

特に、間違った洗顔方法は、皮膚のバリア機能を低下させる原因となるので注意してください。皮膚のバリア機能を低下させないためには、肌の水分をまもって洗える洗顔料を選ぶことをおすすめします。
洗うときは、ぬるま湯を使いましょう。肌の油分を取りすぎてしまう、熱すぎるお湯は避けてください。
また、洗顔時に肌をこすると、角層にダメージを与えてしまうので、手でゴシゴシとこすらないようにしましょう。洗顔料をしっかりと泡立てて、泡で包み込むようにやさしく洗顔することが大切です。

肌にうるおいを与えるスキンケアも、しっかりと行いましょう。洗顔後は、すぐに化粧水で水分を補い、その後は美容液や乳液、クリームなどを重ねて、うるおいを逃さないようにします。そうすることで、肌を乾燥から守ることができますよ。

目次へ

まとめ

このように、「肌の乾燥対策」をしっかりと行うことは、敏感肌を予防するうえで欠かせないことであるといえます。
エアコンによる乾燥や紫外線によるダメージ、ビタミン類の不足、不適切なスキンケアは、いずれも肌の乾燥の原因になります。そのような状況を避けるためにも、環境や生活習慣の改善を行いましょう。

もちろん、日々適切なスキンケアを続けることも、重要な乾燥対策となります。環境改善とスキンケアを適切に行って、敏感肌知らずの健康な肌を目指してください。

 

 

【この記事の監修医師】

鼻岡 佳子 先生

 

鼻岡けいこ皮フ科クリニック院長。医学博士。開院まで20年弱、県内外の大学病院や総合病院の医師としてアトピー性皮膚炎や食物アレルギー、皮膚癌、小児皮膚科治療、美容皮膚科治療など幅広い年代の皮膚疾患・皮膚科治療に携わる。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医・指導医。日本皮膚科学会認定美容皮膚科・レーザー指導専門医。日本抗加齢医学会専門医。