敏感肌を「保湿」して刺激からしっかり守ろう

空気が乾燥したり、汗をかいたり、1年中なにかと気になるのが敏感肌ですが、「敏感肌対策には保湿ケアが基本」という話を、誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 この記事では、敏感肌における保湿の重要性についてまとめてあります。敏感肌に悩む人は、スキンケアの参考にしてみてください。


この記事は約7分で読み終わります。

どうして敏感肌には保湿が必要なのか?

まずは、「敏感肌にはどうして保湿が必要なのか?」ということについて、詳しい理由を説明していきます。

皮膚の乾燥は敏感肌の原因になる

一般的に敏感肌とは、外部から受ける様々な刺激から体を守る、皮膚のもっとも外側にある角層の「バリア機能」が低下している状態の肌のことをいいます。

角層のバリア機能は主に、皮膚に必要な水分を保持するセラミドなどの「細胞間脂質」、角質細胞の中で水分を引き寄せる「NMF(Natural Moisturizing Factor, 天然保湿因子)」、水分の蒸発を肌表面で防ぐ「皮脂膜」の3つが重要な役割を担っています。

しかし、さまざまな原因によりこれら3つが少なくなると、肌の水分を保つ能力が低下し、皮膚のバリア機能も低下した状態となってしまいます。そうなると、刺激物質やアレルギー物質、さらに細菌などが体内に侵入しやすくなります。その結果、かゆみや赤みなどの肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

敏感肌になると厄介な肌トラブルが起きる

敏感肌になると、皮膚にさまざまな症状が起こります。

ヒリヒリする、かゆみを感じる、肌あれ、ニキビ、赤みなど、敏感肌には人それぞれに多様な症状があります。健康的な肌状態であれば、さほど刺激に感じないようなハウスダストや紫外線などでも、敏感肌になると不調を感じるようになるケースがあります。同じように、普段使っているスキンケアアイテムが肌トラブルを引き起こすのも、敏感肌の症状のひとつといえるでしょう。

さらに頭皮が敏感になってしまうと、フケやかゆみの原因となり、きちんと洗髪していても、周りの人に不衛生な印象を与えてしまいます。
また、腕や脚の皮膚がかゆくなってかいてしまうと、肌表面に粉が吹いてしまうこともあります。かいてしまうことで、さらにかゆくなって症状を悪化させてしまう悪循環も引き起こしてしまいます。

目次へ

敏感肌対策には何を行えばよいのか?

このように厄介な肌トラブルを引き起こす敏感肌ですが、その対策には何を行えば良いのでしょうか? この項では、具体的な敏感肌対策についてまとめていきます。

敏感肌対策は保湿が基本

最初に説明したように、敏感肌は皮膚のバリア機能が低下している状態です。皮膚のバリア機能を保持するためには、角層に十分な水分を与えなくてはなりません。つまり、敏感肌対策においては保湿がとても重要になるのです。

しかし、肌に水分を与えることが重要だからといって、ただ水をつけるだけではすぐに蒸発してしまいます。そのため、水分を効率よく肌に浸透させることができる保湿化粧品(保湿剤)を選ぶ必要があります。

保湿剤は、角層内に水分を浸透させて効率的にうるおいを与え、水分を保持して蒸散を防ぐために、水分と油分がバランス良く配合されています。さらに、保湿剤は肌にうるおいを与える化粧水、肌に与えられたうるおいの蒸散を防ぐ乳液やクリームなど、それぞれ効果が異なります。肌の状態や体の部位によって保湿剤を使い分けることも、効果的に保湿するために重要です。

適切な保湿を行うことで、敏感肌を招く肌の乾燥は軽減されます。敏感肌にならないための対策としてはもちろん、すでに敏感肌で気になるという場合も、十分な保湿を意識してみましょう。

普段から乾燥を防ぐ生活を送る

敏感肌にならないためには、普段から乾燥を防ぐ生活を送ることも効果的な対策方法です。
敏感肌の原因として空気の乾燥があります。「空気の乾燥」と聞くと、冬を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、実は室内は年中乾燥していることもあります。夏場でもエアコンにより室内の空気が乾燥しており、それが原因で肌の水分も失われてしまいます。
そのため、エアコンをつけるときは、加湿器などを上手く活用するなどして、乾燥対策を行うことがおすすめです。とはいえ、職場によっては加湿が難しい環境もあるかもしれません。その場合は、保湿効果のあるミスト化粧水や保湿クリームなどを常備するようにして、乾燥が気になるときに、こまめに水分を与えるように工夫しましょう。

また、入浴時にきちんと湯船につかることも、血行促進により新陳代謝が良くなることで、乾燥を防ぐ効果が期待できます。しかし、間違った入浴方法を行ってしまうと、逆に肌の乾燥を招いてしまうので注意が必要です。熱すぎるお湯は肌に必要な皮脂まで落としてしまい、皮膚のバリア機能を低下させてしまう可能性があるので、お湯の温度は40℃以下のぬるめにすると良いでしょう。
また、肌を清潔に保つことは重要なことですが、入浴時に肌をゴシゴシ強くこすってしまうと、摩擦による刺激で角質を傷つけてしまい、結果として肌に刺激を与えることになってしまいます。そのため、洗浄にはしっかりと泡立てたボディ用洗浄剤を使い、手や刺激の少ない柔らかなボディタオルでやさしく洗うようにしてください。

そして、入浴後はすぐに、しっかりと保湿ケアを行いましょう。
濡れた状態の肌を放置し続けると、肌表面の水分の蒸発とともに肌に蓄えられた水分も失われてしまいます。それに加えて、入浴後の肌は皮脂膜が取れて乾燥しやすくなっているので、お風呂上がりはすぐに体の水分をやさしく拭き取り、ボディミルクやボディクリームなどで保湿ケアを行いましょう。

目次へ

保湿にはどんなスキンケアアイテムを選ぶべきか?

ここまでは、「敏感肌における保湿の重要性や対策方法」について説明してきました。
しかし、実際に保湿のためのスキンケアアイテムを選ぶ場合、どのような商品を選べば良いのか迷ってしまうかもしれません。
この項では、敏感肌の保湿ケアにおけるスキンケアアイテム選びのポイントを紹介していきます。

「洗う」と「うるおす」

保湿と聞くと、肌にうるおいを与えるというイメージがあると思いますが、うるおす前の「洗う」ケアで肌を清潔に保つことも重要です。しかし、皮膚のバリア機能が低下した状態では、肌のうるおいを保持するために必要な皮脂や前述した細胞間脂質なども、流れ出てしまう可能性があります。そのため、洗顔料は洗浄力が高すぎないものを選び、肌の水分を守りながら洗うようにしましょう。

もちろん、肌に水分を与えてうるおすためのケアも、とても大切です。「うるおす」ケアには、水分を角層内に浸透させ、その水分をつかんで抱え込み、そして保つ、という3つの段階があり、そのどの段階でも、細胞間脂質や天然保湿因子(NMF)、皮脂膜へのアプローチを欠かすことはできません。

また、保湿剤と一口に言っても、この3つの段階のどの部分にアプローチしているか、どんな効果のある成分が含まれているかは、商品によって異なる点にも注意が必要です。
まず、化粧水は角質内に水分を注ぐ役割が大きく、水分と油分がバランス良く配合された乳液は、3つの段階すべてにアプローチします。そして、油分が多いクリームは肌表面を保護して水分の蒸散を防ぐ効果が期待できます。このように保湿剤を使い分けることで、高い保湿効果を得ることができます。

敏感肌向けのスキンケアアイテム

では、敏感肌にはどのようなスキンケアアイテムを選べば良いのでしょうか。

まず、基本となるのが低刺激であること。敏感肌は皮膚のバリア機能が低下しているため、ちょっとした刺激にも過敏になり、せっかくのスキンケアが逆に肌を刺激してしまう可能性もあるのです。そのため、敏感肌向けの低刺激なスキンケアアイテムを選ぶようにしましょう。ただし、低刺激と表示されている商品だからといっても、そのアイテムが自分の肌に合うとは限りません。使い始める前には、サンプルやトライアルセットなどで試してみて、自分の肌に合ったアイテムを選ぶのが失敗しない方法です。
また、低下したバリア機能を補える成分が配合されているものもおすすめです。自分の肌にぴったり合ったスキンケアアイテムを取り入れて、効率よく保湿ケアを行ってみてください。

目次へ

まとめ

敏感肌と保湿の関係性について説明しましたが、いかがでしたでしょうか?
敏感肌では皮膚のバリア機能が低下した状態になっていますが、そのバリア機能低下は乾燥が引き金となっています。
敏感肌対策には、普段から肌に必要な水分をしっかりと与えるスキンケアを行って、常に健康的な肌をキープしていくことが大切だといえるでしょう。

 

 

【この記事の監修医師】

鼻岡 佳子 先生

 

鼻岡けいこ皮フ科クリニック院長。医学博士。開院まで20年弱、県内外の大学病院や総合病院の医師としてアトピー性皮膚炎や食物アレルギー、皮膚癌、小児皮膚科治療、美容皮膚科治療など幅広い年代の皮膚疾患・皮膚科治療に携わる。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医・指導医。日本皮膚科学会認定美容皮膚科・レーザー指導専門医。日本抗加齢医学会専門医。