敏感肌の方は要注意!あせもの原因と予防・治らないときの対処法

あせも(汗疹)は、新陳代謝が活発な子供だけでなく、皮膚のバリア機能が低下した敏感肌の大人にもできやすいので注意が必要です。ここでは、あせもの原因と症状、対処法について紹介します。


この記事は約7分で読み終わります。

あせもの原因は”汗管の詰まり”

あせもは、汗が出る汗腺の汗管から、汗が上手く排出できないことが原因で生じる皮膚疾患です。汗をかきやすい高温多湿の環境で多く発生します。

汗を排出できなくなるのは、大量の汗をそのままにした場合に、汗に含まれる塩分やホコリなどにより汗管がふさがれてしまうからです。排出できなくなった汗が、皮膚の中にたまって刺激となり、水ぶくれや小さな発疹ができます。これがあせもです。

あせもは、新陳代謝が活発な子供に多くみられ、首や背中、おしりなどに現れます。子供にあせもが多いのは、大人よりも皮膚の面積は少ないのに、汗腺の数は大人と変わらないため、大量に汗をかくからです。

しかし、近年の猛暑や冷房の設定温度が抑えられることなどによって、大人にもあせもができる方が増えています。大人の場合は、蒸れやすい首・ひじの内側・背中・おなか、肌着やベルトで締め付けられる部分などにできることが多いです。また、皮下脂肪のせいで、体の熱がこもって汗をかきやすい肥満の方もあせもができやすい傾向がみられます。

なお、皮膚のバリア機能が低下している敏感肌の方は、少しの汗でもあせもができやすくなります。汗をあまりかかないからといって、あせもができないというわけではありません。

基本的に、あせもは汗腺の多い場所にできますが、汗が乾きにくい場所にもできます。あせもについて正しく知り、予防や対処法を知っておきましょう。

目次へ

【あせもの症状】あせもは3タイプに分けられる

あせもは、汗管の詰まる場所によって症状が異なり、3つのタイプに分けられます。

水晶様汗疹

水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)は、皮膚のもっとも外側にある角層で汗管が詰まってできたものをいいます。赤みはなく、透明や白の小さな水ぶくれが現れるのが特徴です。また、かゆみがないことがほとんどで、あせもができていると自覚することは少ないでしょう。水晶様汗疹は、乳幼児にみられることが多いあせもですが、高い熱を出したときなど、大人にできることもあります。通常、数日で水ぶくれが破れて、自然に消えることが多いあせもです。

紅色汗疹

一般的にあせもと認知されているのが、紅色汗疹(こうしょくかんしん)です。表皮部分で汗管が詰まった場合に現れ、1~3mm程度の小さなぶつぶつができ、赤みとかゆみが出ることが特徴です。汗をかいたときには、チクチクした痛みが出ることもあります。

紅色汗疹は乳幼児だけでなく、汗をかきやすい大人にも増えています。こちらも、清潔に保っていれば1週間程度で自然に治りますが、かゆみが強い場合には、炎症を抑える薬を使用して症状を抑えましょう。かいてしまうと、悪化することもあるので注意が必要です。

深在性汗疹

深在性汗疹(しんざいせいかんしん)は、真皮内の汗管が詰まってできたもので、紅色汗疹より大きめのなだらかな丘疹が、多数現れることが特徴です。繰り返し高温にさらされる熱帯地方に多く、日本ではめったにみられない症状です。深在性汗疹の範囲が広がると、汗による体温調節機能に影響が出て、熱中症を起こす可能性があるので注意が必要です。

目次へ

あせも予防はシンプル

あせもは、大量の汗と通気性の悪さが原因で発症するので、汗をかかない涼しい環境を整えること、汗をかいたままにしないことなどで予防できます。あせもができやすいという方は、次のことに気を付けると良いでしょう。

①汗を吸収する服を着る

汗をかいたらこまめに着替えることが理想ですが、大人の場合、外出先などでは現実的に難しいでしょう。

そこで、通気性や吸湿性のある服を着て、汗をかいても濡れたまましないようにすることが、あせも予防に効果的です。綿などの天然素材がおすすめですが、かいた汗を素早く発散できる吸汗速乾などの機能的な素材を使用した肌着を活用するのも良いでしょう。また、汗が出るのを抑えるために、制汗スプレーなどを利用するのもひとつの方法です。

②汗をかいたら清潔にする

汗をかいた状態でそのままにしてしまうと、あせもの原因になります。外出中に汗をかいたら、早めに濡れたタオルなどで拭き取りましょう。手軽に使える、汗拭き用のウェットシートを利用するのも便利です。こまめに拭き取ることで、皮膚を清潔に保つことができ、あせも予防になります。

帰宅したら、ぬるめのシャワーを浴びて汗を落とすようにしましょう。体を洗うときには、石けんをしっかりと泡立ててやさしく洗い、こすらないようにしてください。こすると皮膚のバリア機能を弱め、かえってあせもができやすい状態になってしまいます。

③体をきれいにしたら保湿する

体をきれいにしたら、保湿を行いましょう。汗をかくと汗の成分でベタつくこともありますが、実際はすでに汗の水分は蒸発しているため、肌は乾燥しています。肌の乾燥によっても、皮膚のバリア機能が弱まり、肌トラブルが起こりやすくなります。シャワーを浴びたらしっかりと保湿して、弱まっているバリア機能をサポートしましょう。

バリア機能が弱まっている敏感肌の方は、特に丁寧な保湿を心がけましょう。あせもができやすい方は、あらかじめ、あせも予防を目的とした保湿ケア用品を利用するのもおすすめです。

目次へ

あせもになってしまった場合

あせも対策を行っていたとしても、たくさん汗をかいて、あせもになってしまうこともあるでしょう。あせもになってしまった場合の対処法を紹介します。

すぐにかゆみを抑える方法

すぐにかゆみを抑えるには、あせもができている場所を冷やすのが効果的です。冷やすとかゆみを感じにくくなります。あせもは、涼しい環境にいれば自然に治りますが、かゆみがある場合、かいてしまうと悪化することもあるので、早めにあせもの薬を塗りましょう。

あせもの薬には、かゆみや炎症を抑える成分のほか、皮膚を保護、修復する成分などが配合されています。また、パウダーの入ったさらっとしたクリームや、手軽に広範囲に使えるスプレータイプ、患部をしっかり保護できる軟膏などさまざまな種類があります。症状や使用感、使う人によって適切なものを選択してください。敏感肌の方は、低刺激と記載あるものや、子供にも使えるものを選ぶと良いでしょう。

あせもの薬は、体を清潔にした後に塗ります。お風呂上がりでない場合には、濡れタオルなどで汗を拭きとって、清潔にした後に塗りましょう。

あせもが続く場合は皮膚科へ

あせもは、かゆみが出ていても、きちんと薬を使えば通常1週間ほどで治ることがほとんどです。しかし、放置しておくと、かゆみから皮膚をかきこわしてしまい、そこからとびひ(伝染性膿痂疹)やあせものより(多発性汗腺膿瘍)などの細菌感染症を起こしてしまう可能性もあります。このように悪化してしまうと、薬を塗ってもなかなか改善されません。また、とびひになると患部が広がったり、他人にうつってしまったりすることもあるので、すぐに皮膚科医による治療が必要になります。

また、市販のあせもの薬を使っても効果が現れない場合には、接触皮膚炎などのあせもと間違えやすい他の皮膚疾患の可能性もあります。なかなかあせもが治らないという方は、皮膚科を受診して適切な治療を受けましょう。

目次へ

まとめ

あせもは、汗をかきやすい子供だけでなく、大人にも増えています。ひどくならないうちは、市販のあせもの薬で治療できます。汗を肌に残さないように清潔を心がけ、入浴後にはしっかり保湿を行って皮膚のバリア機能を高めることで、あせもを予防することも可能です。

 

 

 

【この記事の監修医師】

鼻岡 佳子 先生

鼻岡けいこ皮フ科クリニック院長。医学博士。開院まで20年弱、県内外の大学病院や総合病院の医師としてアトピー性皮膚炎や食物アレルギー、皮膚癌、小児皮膚科治療、美容皮膚科治療など幅広い年代の皮膚疾患・皮膚科治療に携わる。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医・指導医。日本皮膚科学会認定美容皮膚科・レーザー指導専門医。日本抗加齢医学会専門医。