顔の⾚みは敏感肌のせい?原因とスキンケア⽅法を紹介

「特に何もしていないのに、顔の肌がなんとなく赤みがかっている」という経験をしたことのある方は多いのではないでしょうか。メイクの色選びを変える必要があるなど、顔の肌の赤みにデメリットを感じることもあるでしょう。 特に敏感肌の方の場合、顔の肌に赤みが出やすい傾向があります。この記事では、「なぜ、敏感肌の方ほど顔の肌に赤みが出やすいのか」について、その理由とお手入れのポイントを紹介していきます。


この記事は約7分で読み終わります。

なぜ、敏感肌だと顔の肌に赤みがでるのか?

まずは、「顔の肌の赤みが目立つ理由」や、「どのような体質・肌の状態が肌の赤みを目立たせてしまう原因となるのか」について、理解しておきましょう。

多くの敏感肌の方が、顔の肌の赤みに悩んでいます

敏感肌の方は、「顔の肌の赤み」で悩んでいる方が多いといわれています。
敏感肌だからこそ顔の肌に赤みが出やすいということに加え、敏感肌ゆえに顔のちょっとした変化に気づきやすいというのも、顔の肌の赤みが目立つ要因といえるでしょう。

敏感肌の方は、健康な肌の方に比べると血流量が多くなっているといわれています。顔の表面を流れる血液の量が多いため、結果的に肌に赤みが出てしまいます。

バリア機能の低下が引き金

肌の赤みの原因のひとつである敏感肌。間違ったスキンケアや乱れた生活習慣など、あらゆる要因によって、誰もが敏感肌になる可能性があるといえます。

敏感肌とは、皮膚のバリア機能が低下している状態のことです。そのため、健康な肌よりも外部からの刺激を受けやすくなり、その結果、肌が炎症を起こして赤みとなってしまうのです。

肌の赤みは、外部から細菌などの異物が体に侵入したときに起こる、免疫反応のひとつである「炎症」によって発生します。炎症が起こると、免疫細胞などの炎症を抑制するための物質が、血管を通して肌のダメージを受けている(炎症している)部分に運ばれます。

多くの免疫細胞を送るために血管が膨張し、血流量もアップするため、表皮を通して肌表面に赤みが透けて見えるようになります。これが肌の赤みの正体です。

つまり、「赤みが原因で肌の状態が悪くなっている」のではなく、「バリア機能が低下した状態になった肌だから赤みが出ている」のです。肌の赤みが目立ってきたら、まず赤みの原因である肌の状態をチェックしてみましょう。

目次へ

赤みができたらどうすべき?

肌の赤みが目立つということは、皮膚のバリア機能が低下している状態で、肌が炎症を起こしている可能性が考えられます。

この項では、肌に赤みが目立ってきたときの対処法や注意点を紹介します。「敏感肌で顔の肌の赤みがなかなか消えない」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

放置はさらなる肌トラブルに…

肌の赤みが出ている状態は、外的刺激によるダメージを受けたことなどによって、肌が炎症を起こしている状態です。放置してしまうと、炎症によるダメージが残り、以下のような肌トラブルに発展してしまうことがあります。

・色素沈着
・しみ・しわなど皮膚の老化
・毛穴が目立つ

炎症を起こした肌は、色素沈着が起こりやすくなります。通常は皮膚のターンオーバーによって、古い角質とともに排出される「しみ」ですが、炎症を起こした肌は、スムーズにターンオーバーが行われず、色素が残ってしまいます。肌の水分を保持する力も弱まるため、しわができやすく、皮膚の老化につながりかねません。

敏感肌の方の中には、毛穴が目立つことに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。実は、毛穴が目立つことも、「肌の赤み」が要因のひとつになっています。

赤みを帯びた肌は血流量が多く、毛穴部分にも多くの血液が集まっています。毛穴周辺の血管も目立ち、赤みが強く出るため、毛穴が目立つようになります。

このように、肌の赤みを放置していると、さまざまな肌トラブルに発展したり、肌の赤みによる新たな悩み(毛穴が目立つなど)を生み出す要因になったりするため、早めの対処を行うことが大切です。

まずは生活習慣の改善から

肌の赤みに効果的な対処は、まず「生活習慣を整えること」です。生活習慣の乱れが、敏感肌や肌の赤みに大きく影響しているからです。

肌の調子を整えるには、スキンケアだけではなく、肌に必要な栄養をしっかり摂ることも重要です。加えて、摂取する食べ物だけではなく、栄養を肌にまで行き渡らせられるように、健康的な生活習慣や生活環境も意識しなければなりません。

・バランスを意識した食生活
・十分な睡眠(質の良い睡眠)
・清潔でストレスの少ない生活環境
・タバコを控える、コーヒー・お酒は飲みすぎない
・適切なスキンケア

敏感肌の改善に必要なポイントは、以上の5つです。食生活ではビタミン類やアミノ酸など、健康な体作りや肌作りに欠かせない栄養を意識して、バランスの良い食事を心がけましょう。

睡眠では、睡眠時間の「長さ」だけではなく、睡眠の「質」を意識することが重要です。清潔でストレスの少ない環境づくりは、肌の健康だけではなく、睡眠の質を上げるためにも軽視できません。ストレスは適度に発散し、寝具などは常に清潔な状態をキープしてください。

また、タバコは控えることが肌のためになります。コーヒーやお酒などの刺激物は、ほどほどにしましょう。

もちろん、毎日のスキンケアも重要です。保湿を重視した自分の肌に合った適切なスキンケアを、毎日しっかり行いましょう。

目次へ

顔の肌の赤みを防止する方法

顔の肌の赤みを改善するには、体質や肌の状態を整えることが必要です。言い換えれば、毎日の生活習慣やスキンケアを見直すことが、赤み予防の効果的な対策だといえるでしょう。

ここからは、「自宅で実践できる肌の赤み予防スキンケア」について紹介します。スキンケアはなんとなく適当に行っているという方も、正しいスキンケアを行っているという方も、確認を兼ねて、ぜひチェックしてみてください。

ポイントを押さえてスキンケア

敏感肌のスキンケアで重要なのは、基本をしっかり押さえることです。以下のとおり、「洗う・うるおす・紫外線対策」のポイントを押さえ、正しいお手入れを行いましょう。

・洗う … 汗・皮脂・ほこりなどの汚れを洗い流す
・うるおす … 乾燥や刺激から肌を守るケア
・紫外線対策 … 紫外線ダメージから肌を守るケア

「洗う」ポイントは、肌に必要な皮脂は残しつつ、汗や余分な皮脂、ほこりを洗い流すことです。洗顔料を選ぶときは、皮膚のバリア機能を低下させない(刺激の強すぎない)ものを選びましょう。

高い洗浄力や殺菌力を売りとする商品ではなく、肌のうるおいを守りながらやさしく洗える、自分の肌に合うものを選ぶことがポイントです。洗浄力の高いものには刺激が強いものもあるため、注意してください。
肌にやさしい洗顔料を選んだら、ぬるま湯でしっかり泡立てて、やさしくなでるように洗ってください。すすぎもぬるま湯で、しっかり行ってくださいね。

「うるおす」は、敏感肌予防だけではなく、スキンケアの基本です。ローションや乳液で肌をしっかりうるおし、クリームでうるおいを肌に留めて、皮膚のバリア機能をサポートしましょう。
スキンケアは、洗顔後すぐに行うことがポイントです。洗った後の肌を放置すると、肌の水分はどんどん失われてしまうので気をつけましょう。

肌を黒く日やけさせるだけでなく、しわやたるみの原因になるなど、肌にさまざまなダメージを与える紫外線。そんな紫外線から肌を守る「紫外線対策」も、とても重要です。日やけ止めは、日やけ止め効果はもちろんですが、肌にやさしいものを使用してください。
肌にやさしい日やけ止めを選んだら、こまめに塗りなおすことも「紫外線対策」のポイントです。効果を持続させるために、2~3時間おきに塗りなおしましょう。

自分の肌に合ったスキンケアアイテムを使う

スキンケアで忘れがちなのが、正しい使い方や使用量の確認です。パッケージや容器の説明書きなどに、必ず使用法や使用量が書かれています。使用する前にきちんと読んで、正しく使いましょう。

そして、最も大切なのは、敏感肌向けの低刺激で自分の肌に合ったスキンケアアイテムを選ぶことです。テスターやサンプルで、自分の肌との相性を確認してから購入しましょう。

テスターやサンプルが用意されていない商品でも、トライアルセットやトラベルサイズで販売されていることがあります。まずはミニサイズの商品を、あごの下や二の腕などの目立たない場所で試して、自分の肌に合うものを探してください。

目次へ

まとめ

敏感肌で、肌の赤みに悩む方は少なくありません。肌の赤みと敏感肌は、切っても切れない関係といえるでしょう。

今回、この記事で紹介したとおり、日々の生活習慣やスキンケアを見直すことは、敏感肌を予防することにつながります。長年、敏感肌で悩んでいるという方は、まず生活習慣やスキンケアアイテムと自分の肌の相性について、見直してみると良いでしょう。

 

 

【この記事の監修医師】

鼻岡 佳子 先生

 

鼻岡けいこ皮フ科クリニック院長。医学博士。開院まで20年弱、県内外の大学病院や総合病院の医師としてアトピー性皮膚炎や食物アレルギー、皮膚癌、小児皮膚科治療、美容皮膚科治療など幅広い年代の皮膚疾患・皮膚科治療に携わる。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医・指導医。日本皮膚科学会認定美容皮膚科・レーザー指導専門医。日本抗加齢医学会専門医。