静電気と肌荒れの関係性とは?対策法5つを紹介

寒くなって肌が乾燥していると、服を脱ぐときの静電気が気になりませんか。同時に背中などに肌荒れが起きていると、痛みを感じることもあるでしょう。静電気のせいで肌が荒れてしまったのではないかと悩んでしまいますよね。 この記事では、肌荒れと静電気の関係性について解説するとともに、肌荒れを防ぐ方法について紹介します。静電気と肌荒れを気にせず過ごせるようになるために、参考にしてみてください。


この記事は約6分で読み終わります。

静電気と肌荒れの関係性

玄関のドアノブを触ったときや、セーターを脱ごうとしたとき、「パチパチ」と電気のようなものが走り抜ける感覚を経験した方も多いでしょう。触ったり、こすれたりすることで起きる「パチパチ」した刺激の正体は静電気です。摩擦などにより物のプラスとマイナスの電気量のバランスが崩れると、静電気という形で現れます。

静電気は年間を通して発生しますが、通常は空気中に自然と放電されます。しかし、冬のように湿度が低い季節は、電気がたまりやすく静電気が起こりやすいのです。では、静電気は肌荒れとどのように関係しているのでしょうか。まずは、原因から探ってみましょう。

空気の乾燥が原因で起きている

静電気と肌荒れは冬に起こりやすいトラブルです。静電気と肌荒れが起こるのは、空気の乾燥が原因かもしれません。冬は湿度も低く乾燥しやすい季節です。つまり、空気中の水分が少ないため、静電気が放電されにくい状態なのです。反対に、夏は湿度が高いため、比較的静電気に悩まされることは少ないのではないでしょうか。

人の肌も同じように、静電気をためやすい方は、肌の水分量が少ない乾燥肌の方に多いようです。

体に静電気が帯電しているとき電気が流れやすい金属製のものに接触すると、一気に放電します。そのため、「パチパチ」と痛みを感じることがあるようです。ドアノブを触って痛みが出るのは、急な放電が原因です。

静電気は、湿度20%以下、気温20℃以下の環境で発生しやすいといわれているので、部屋が乾燥しないよう気を付けましょう。

また、アクリルやナイロンなどの化学繊維は静電気が起きやすいです。静電気の刺激や、繊維自体の刺激も皮膚にはよくありません。そして、皮膚が乾燥状態になっていると静電気の刺激で余計にかゆみやチクチクを感じやすくなります。

さらに、乾燥肌の方は静電気が起こりやすい体質ともいわれるため悪循環となるのです。肌荒れと静電気が気になるのは、乾燥によるものです。衣類選びも重要なので、しっかりと対策を練りましょう。

こんな症状があるなら要注意!乾燥肌チェック

「乾燥肌かな」と思ったら、肌の状態にも目を向けてください。起床時に肌が乾燥していると感じるときや洗顔後の肌のつっぱり、肌のごわつきが気になるときは乾燥肌の状態かもしれません。悪化すると皮膚炎を起こす可能性があります。

水分を逃さないように皮膚のバリア機能が働いていますが、角層の水分が不足すると、ひび割れや皮むけが起こる場合があります。特に脚のすねなど、皮膚が乾燥しやすい場所にできやすいので注意しましょう。

何もせずに放っておくと、乾燥肌はどんどんひどくなっていきます。肌の乾燥対策をすることで、肌荒れと静電気による刺激を軽減できる可能性が十分にあるので、あきらめずに取り組みましょう。

目次へ

静電気の発生と乾燥による肌荒れを防ぐ対策法5つ

肌荒れと静電気が関係していることがわかりました。体に静電気をためない方法と乾燥による肌荒れを防ぐ対策法を5つ紹介します。

部屋を加湿する

静電気による肌荒れを防ぐために、部屋の乾燥に気を付けましょう。寒いからと暖房器具で温め過ぎると、空気が乾燥しやすくなるので要注意です。部屋の乾燥が気になるときは、加湿器を使用してみてください。空気中の水分量が増えることで、静電気が放電されやすくなります。

加湿器がない方は、洗濯物を室内干しにしたり、コップに水を入れて部屋に置いたりして、部屋を加湿するのがおすすめです。

夏の冷房でも部屋は乾燥しやすくなります。冷房をつけて就寝した翌朝に、喉がガラガラになったことはありませんか?冬だけではなく夏でも部屋の空気が乾燥することもあるので、気になるときは加湿に努めましょう。ペーパークラフトの加湿器なら、部屋に馴染みやすくインテリアにもなります。

肌を保湿する

静電気による肌荒れを防ぐには、肌の保湿も大切です。乾燥しやすい腕や脚、首まわり、お腹や腰なども保湿を心がけてください。

特に、お風呂上がりの肌はとても乾燥しやすい状態です。お風呂から出たら、すぐに念入りに保湿しましょう。

不足している肌の水分を補うためには、早めの対処が大切です。毎日保湿剤を塗って、うるおいのある肌を目指しましょう。ローションで全身をうるおして、乾燥が気になる部分にはクリームを重ね塗りするなど、しっかりと肌を保護してあげることを心がけてください。

体をやさしく洗う

体を洗うとき、ナイロンタオルでゴシゴシ洗っていませんか。強くこっすってしまうと必要な皮脂や角層まで取り除いてしまいます。石けんやボディウォッシュを泡立てて、手でやさしく洗うだけでも、十分汚れは落ちます。低刺激な石けんやボディシャンプーをしっかり泡立てて、たっぷりの泡でやさしくなでるように洗いましょう。皮膚のバリア機能の低下につながるため、必要以上の洗い過ぎに注意しましょう。

体をやさしく洗うことで乾燥肌の要因のひとつを取り除けます。手では洗った気がしない方は、綿やシルクなどの天然素材を使って、やさしく体を洗うようにしましょう。

衣服は天然繊維を選ぶ

静電気と肌荒れを防ぐために、肌に直接触れる衣類選びにも配慮しましょう。アクリルやポリエステルなどの化学繊維は静電気が起きやすい素材です。

衣服を選ぶときは、コットンなどの天然素材のものがおすすめです。ただし、天然繊維の服を選んでも肌がチクチクして気になることもあります。肌にやさしい素材でも個人差があり、肌に合わないこともあるかもしれません。試着をしながら、肌に合う素材を選ぶことが大切です。

また、化学繊維の衣服を着るときは、木綿などの肌着を着るのがおすすめです。服の間に1枚はさむことで肌への負担を軽減できるでしょう。冬は室内との温度差があるので、汗をかくことで汗が肌を刺激してしまいます。汗をかいたときにも、肌着が汗を吸収してくれるので、肌への刺激が防げます。

お風呂の温度を調整する

ぬるめのお湯と熱めのお湯、どちらが肌にやさしいと思いますか?
熱いお湯は必要以上に皮脂膜を取りのぞき、肌が乾燥する要因になってしまいます。

そのため、お湯の温度は40℃以下のぬるめに設定しましょう。冬に40℃以下のお湯では、体が温まらないという方は、浴室内の暖房を活用してください。浴室内が温まっていれば、ぬるめのお湯でも寒さは感じにくくなります。

さらに、長時間の入浴もできるだけ避けましょう。熱いお湯や長時間の入浴は、肌の乾燥を加速させてしまいます。時間を決めて入浴し、長時間の入浴は控えましょう。

まとめ

肌荒れと静電気には深い関係性があります。静電気は冬の乾燥する時期に起きやすく、静電気が放電しづらい状況では、肌荒れも起きやすくなってしまいます。肌荒れを防ぐ方法は以下のとおりです。

・部屋を加湿する
・肌を保湿する
・体をやさしく洗う
・衣服は天然繊維を選ぶ
・お風呂の温度をぬるめにする

日々の心がけで静電気も肌荒れも防げます。今回お伝えした内容を参考にしてみてくださいね。