日焼けで肌が赤くなる「サンバーン」!黒くなる人との違いと対処法

日差しが強い日に外出すると、日焼けをして肌が赤くなりますか?それとも、あまり赤くならず黒っぽくなりますか?同じ日焼けでも肌が赤くなる人、黒くなる人がいますよね。 それは、人それぞれ紫外線に対する皮膚反応が異なるからです。この紫外線に対する反応の違いで、6つのスキンタイプに分けられます。 今回は、なぜ人によって日焼けの状態に違いがあるのか、日焼けの種類やスキンタイプの違いをもとに解説します。また、日焼け対策と日焼け後のお手入れについても詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてください。


この記事は約7分で読み終わります。

日焼けで肌が赤くなる人と黒くなる人の違い

強い日差しによる肌の日焼け。人によって皮膚反応に違いがあります。大きく分けると「肌が赤くなりやすい人」と「肌が黒くなりやすい人」の2タイプです。

では、その違いはどこにあるのでしょうか。この項では、日焼けの種類とスキンタイプについて解説します。

日焼けにはサンバーンとサンタンの2種類がある

人によって日焼けの状態に違いがある理由のひとつは、「日焼けそのものの種類が異なるから」です。一口に「日焼け」と言っても、以下の2種類があります。

・サンバーン…肌が赤くなる日焼け
・サンタン…肌が黒っぽくなる日焼け

「サンバーン」は、肌が紫外線に当たってすぐに変化が現れるタイプの日焼けで、肌が赤くなり、2~3日経つと赤みが消えることが特徴です。英語のBurn(やけど)という単語が含まれているとおり、肌が炎症を起こしている状態で、ヒリヒリとした痛みが出ます。ひどい場合は水ぶくれになることもあるでしょう。

皮膚が本来もつバリア機能が低下している状態なので、雑菌やホコリなどちょっとした刺激でもかゆみを感じてしまうこともあります。

一方で「サンタン」は、赤くなる日焼けが消えた数日後に、肌が黒っぽくなる日焼けです。紫外線によるダメージから体を守ろうとする肌の防衛反応により大量のメラニンが作られ、その結果として肌が黒っぽくなります。肌が黒くなると、消えるまでは数週間~数ヶ月かかります。

赤くなる人と黒くなる人は肌のタイプが異なる

日焼けの状態が異なるもうひとつの理由は、人によって紫外線に対する感受性が異なるからです。この紫外線に対する肌の反応の違いで、「スキンタイプ」として以下の6つに分けられます。

1. すぐにかなり赤くなるが、黒くならない
2. すぐに赤くなり、その後に少し黒くなる
3. 赤くなるうえ、ある程度は黒くなる
4. ほとんど赤くならないが、黒くなる
5. ほぼ赤くならない(もともと肌色が褐色である)
6. 赤くならない(もともと肌色が黒褐色~黒色である)

これらのスキンタイプのうち、日本人は2~4のいずれかに該当することが多いです。

基本的に、肌が赤くなりやすいほど紫外線に弱いといえるため、しっかりとした紫外線対策が必要です。スキンタイプに合った対策を行いましょう。

目次へ

赤くならない!日焼け対策の基本

健康的な生活を送るためには、体内でビタミンDを合成するのに必要な量の太陽光を浴びなくてはいけないといわれています。しかし、日焼けするほど太陽光を浴びてしまうと、肌がダメージを受けてしまうことになります。

紫外線を浴びすぎてしまい肌が赤くなると、ヒリヒリとした痛みだけではなく、黒くなったり水ぶくれになったりすることがあります。

肌に必要以上のダメージを与えないためには、日頃からきちんと日焼け対策をして、うまく日差しと付き合っていくことが大切です。そのためには、正しい日焼け対策法を理解しておきましょう。

ここでは、日焼け対策の基本について紹介します。

紫外線を浴びない

最も重要なのは、「紫外線を必要以上に浴びないこと」です。紫外線は太陽が高くなる正午前後に最も強くなるので、この時間帯の外出はなるべく避けましょう。

また、外出時には以下の日焼け対策もおすすめです。

・帽子をかぶる
・日傘を使う
・長袖の服を着る
・サングラスをかける

最近は、UVカット加工が施されている日焼け対策グッズが、数多く販売されています。UVカット素材を使用した帽子や日傘、長袖の服などをうまく使って、できるだけ肌に直接日差しが当たらないようにしましょう。

紫外線は肌だけでなく目にもダメージを与えるので、サングラスもUVカット機能付きのものを選んでください。

また、日焼け対策で陥りやすいのが、「天気や季節によって日焼け対策をさぼってしまうこと」です。例えば、「真夏だけど、曇り空だから日焼けしないだろう…」と考えている人は意外と多くいます。

しかし、雲っていても紫外線は十分に地上へ降り注ぐため、日焼けしてしまいます。曇りの日でも油断せずに、しっかりと日焼け対策を行うことが大切です。

さらに、季節によって量に差はありますが、紫外線は年中降り注いでいます。真冬であっても例外ではなく、雪からの反射があるところや標高の高いところでは、しっかりとした日焼け対策が必要です。

日焼け止めを正しく使用する

日焼け止めはさまざまなタイプが販売されていて、どれを選べばよいのか迷ってしまいますよね。日常生活、野外での軽いレジャー、炎天下での活動など、シーンに合わせて「SPF」と「PA」を目安に日焼け止めを選びましょう。

・散歩や買い物など日常生活で使用する場合は、SPF10 ~ 20・PA+~++
・屋外でのレジャーで使用する場合は、SPF20 ~ 40・PA++ ~ +++
・炎天下でのレジャーやマリンスポーツなどで使用する場合は、SPF 30 ~ 50+・PA++~++++

いずれのタイプも「ムラなく均等に塗る」ことが大切です。また、以下の部位は塗り忘れやすいため、とくに意識して塗りましょう。

・鼻の下
・唇のまわり
・あごの裏
・うなじ

塗る量も注意すべきポイントです。少な過ぎると十分な効果が期待できません。たっぷりと塗りましょう。顔に使用する場合は、パール粒2つくらいが適量です。

また、どんなにSPF・PAが高く表示されていても、一度塗っただけで放置するのは良くありません。

「汗をかく」「タオルで拭く」などの理由で、気付かないうちに日焼け止めが落ちてしまうからです。もちろん、時間が経過すれば日焼け止めの効果も下がっていくので、2~3時間ごとにこまめに塗りなおしましょう。

目次へ

日焼けして肌が赤くなってしまった!すぐにやるべき対処法

もしも日焼け対策が不十分で肌が赤くなってしまったときは、放置せず早めにお手入れをしましょう。ここからは、赤くなってしまった肌への対処法について紹介します。

1.冷やす

日焼けした直後の肌は、医学的には軽度のやけどを負った状態です。そのため、通常のやけどと同様にすぐに冷やす必要があります。

肌は非常にデリケートな状態になっているので、以下のものを使用して肌に強いダメージを与えないように、やさしく冷やしてください。

・濡れたタオルを当てる
・流水をかける
・保冷剤や氷を当てる

保冷剤を当てるときは、直接ではなくタオルで巻いたものを当てて刺激を弱めることがポイントです。保冷剤の代わりに氷を使用する場合も、氷を入れた袋をタオルで巻き、同様にやさしく当てましょう。

冷やす時間は、肌のほてりが落ち着くまでです。

2.保湿する

ほてりが落ち着いたら、しっかりと肌を保湿することが重要です。日焼け後は肌の水分が蒸発し、肌が乾燥した状態になっているため、必ず保湿しましょう。

もちろん、保湿前は洗顔などで肌を清潔にします。日焼け止めやホコリ、汚れなどを洗い流す必要がありますが、肌へのダメージを抑えるためにやさしく短時間で洗いましょう。

お手入れは基本どおり、化粧水・乳液、クリームの順で行います。日焼け後は皮膚のバリア機能が低下しているため、いつも以上にたっぷりと保湿することがポイントです。

とはいえ、いつもは問題なく使えるスキンケア用品が、日焼け後の敏感になった肌には合わないかもしれません。肌の状態に合わせて使えるよう、低刺激なスキンケア用品を用意しておくことをおすすめします。

なお、広範囲に水ぶくれができるほどひどい日焼けの場合は、皮膚科を受診することをおすすめします。

目次へ

まとめ

「日焼けをすると、肌が赤くなるだけで黒くならない」という方もいますが、黒くならないからといって対策やお手入れが必要ないというわけではありません。赤くなった肌は軽度のやけど状態であり、皮膚のバリア機能も低下しているので適切な対策を行うことが大切です。

年齢や性別に関係なく、日焼け後は早急に冷やし、デリケートな状態になった肌をていねいに保湿しましょう。

もちろん、日頃の日焼け対策で焼けないことも重要です。日焼け止めはさまざまなタイプがあり、どう選んだら良いのか迷いますが、シーンに合わせて使い分けることで、より効果的な日焼け対策ができます。

しっかりとした日焼け対策と日焼け後のお手入れで、大切な肌を紫外線から守りましょう。